北区 赤羽 歯科 歯医者【医療法人社団 ゆうみらい歯会 有田歯科医院】小児歯科

こどもの矯正

こどもの矯正INDEX

いろいろな装置

ムーシールド

口腔周囲の筋力のバランスを整えて、反対咬合の早期治療に使用します。
夜間のみの装着で反対咬合が改善されます。取扱い・お手入れが簡単です。

ムーシールド

Lateral Expansion

歯列弓や顎の骨の縫合部を少しずつ広げて、隙間を作りガタガタした歯を並べるためのスペースを作ります。装置についている拡大用のネジを専用のバーで回して拡大していきます。保護者の方にネジを回して頂く装置です。ネジの回す量や時期はお口の状態にもよりますが、大体の場合1週間に1回分です。

Lateral Expansion

小児も裏側矯正です。色も選べます。

装置使用上の注意

  1. 使用時間や扱い方は、担当医師の注意をよく守って使用してください。
  2. 激しい運動や、お食事の時は外せる装置は外して使用してください。熱いお茶など飲む場合は材料の性質上、変性する可能性があるので外してお飲みください。
  3. 使用しないときは紛失しないようにお渡しした専用ケースに入れてお使いください。
  4. 外食するときなどティッシュに包んだままにして置くと、誤って捨てられてしまう可能性があるので、ケースを持ち歩くようにしてください。
  5. 紛失・破損された場合はなるべく早くご連絡、来院してください。動かした歯が元に戻ってしまう場合があります。

こども矯正症例

case1

症例

症例

症例

症例

case2

症例

症例

症例

症例

case3

症例

症例

症例

症例

case4

症例

症例

症例

症例

case5

症例

症例

症例

症例

症例

症例

case6

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

症例

TOPへ戻る

こどもの歯並びについて

0歳〜就学前まで

こどもの歯並びについて歯並びが悪くなる原因は、お父さんやお母さんからの“遺伝”“乳歯の虫歯”指しゃぶりや口呼吸などの“悪い習慣”、柔らかい食べやすいものに偏る“食事”などが代表的です。

保健所などの1歳6カ月健診や3歳児健診の時にすでに、開咬(口を閉じても上下の前歯が噛み合わない子)や、受け口(下の前歯や下顎が前に出ている状態)、出っ歯(上の前歯や上顎が前に突き出ている状態)や乱ぐい歯(歯がデコボコしていて歯ブラシが届かない)の傾向がみられる子がいます。これらの症状がみられる子の歯の状態をそのまま放っておいたら、口で呼吸するためポカン顔になったり、受け口がすすんだり、発音障害(タ行やサ行がはっきり発音できない)や転んだ時に前歯がぶつかって傷つきやすくなったりと、いろいろな不安が残ります。

そのためにも『ちょっとオカシイかも?!』と思ったらなるべく早い段階で歯並びをチェックしてもらいましょう。指しゃぶりや口呼吸などの悪い習慣がある場合は早めに適切な指導をうけることで改善がみられ、正しい歯並びに戻る可能性も十分にあります。
笑った時の歯並びは、こどもといえども気になるものです。記念写真を撮影する時や、みんなの前で話をしたりする時に大きな口を開けて笑っている方が、お子さんを見ているお母さんも気持ちがいいですよね。

こどもの矯正について

小学校から高校生くらいまで

発育成長期のこどもの歯並びの異常は、保健所や学校の健康診断などで指摘されることが多いですが、その他にお母さんの仕上げ磨きの時に気づくことが多いですので、少しでも歯並びがおかしいな?!と気になったら、早めに来院してご相談ください。
また、特に異常が見当たらなくても小学校に入学してから一度、お口全体のレントゲン写真の撮影をおすすめします(残念ながら保険適応外のため5,000円(税別)程度かかります)。

このレントゲン1枚で
・永久歯の数は正常か?
・生えてこない歯はないか?
・歯の発育状態は悪くないか?
・大きな虫歯はないか?
・過剰歯はないか?

など大まかなお子さんの顎の骨の中の状態がわかります。

プレート矯正

歯並びや顎のバランスを整える治療では、年齢や発育状態において様々な治療器具を使います。中学校に入る位までは取り外しができる装置を使用することが多いです。

プレート矯正

プレート矯正

小児の歯列矯正料金表

小児本格矯正
  • 理想的な歯並びを作るための固定装置(マルチブラケット)を用いた本格的な矯正治療。
  • 料金:\600,000〜\800,000(税別)
  • 対象:小学校高学年〜中学生まで
小児プレート矯正
  • 永久歯の正常な生え換わりと上下の顎のバランスを整えるための治療。本格矯正のための準備。
  • 料金:\300,000〜\450,000(税別)
  • 対象:小学校低学年〜高学年位まで
予防矯正
  • 正常な顎の発育を促すため、正しい呼吸方法や舌の位置を覚えるための訓練。
  • 料金:\150,000〜\200,000(税別)
  • 期間:永久歯が生えてくるまで

治療はアップグレードが可能です。

予防矯正→プレート矯正→小児本格矯正となった場合矯正基本料金は最大料金の\800,000(税別)を超えることはありません。差額の徴収となります。
早期からの歯並び治療は舌の突出癖や、ほおづえなどの歯並びに関する悪い習慣を排除することが骨のバランスを整えることができるため、抜歯の確率を減らすことができますので早めのご相談をおすすめします。

例)小学校3年生でプレート矯正をして6年生で小児本格矯正へ移行した場合。

3年生で顎の拡大のためプレート矯正スタート \300,000(税別)

骨格のバランスは治ったが、歯並びをもっときれいにしたい

6年生で小児本格矯正へ移行

通常なら\600,000(税別)かかるところ、\300,000(税別)の差額料金でOK


その結果、早期に治療開始したため、顎のバランスも改善して歯並びも歯を抜かずに治すことができました。
早めに相談してよかったですね!!^^

TOPへ戻る

Copyright (C) 医療法人社団 ゆうみらい歯会 有田歯科医院. All rights reserved.